Nekohana Blog

くうねるくらす旅をする

もはやプライベートビーチ!!鳥取の穴場ビーチ・熊井浜への行き方

海がきれいな日本海。鳥取県鳥取市から京都府京丹後市までは山陰海岸ジオパークに指定されており、美しい海と浸食された岩場が続く人気海水浴エリアです。 その中でも、熊井浜は人がほとんどおらず、プライベートビーチ状態!!しかし行くまでの道のりが大変!!というロケーション。それでも推したい熊井浜への行き方を説明したいと思います。

1.熊井浜の場所

熊井浜は鳥取県岩美町にあり、兵庫県との県境近くに位置します。

2.熊井浜の行き方

2-1.駐車場

山陰海岸ジオパークに近い国道178号線沿い、羽尾坂トンネルを西に抜けた南側に駐車場があり、車は20~30台ほど駐車可能なスペースとなっています。

2-2.険しい道のり

羽尾坂トンネルの脇にある階段を上ると、熊井浜ビーチへの道に続きます。 羽尾坂トンネル その道のりはこう! 熊井浜への道 行ったらわかる!大変なヤツやん!!(笑) 熊井浜への道 道の両側から草が生い茂り、その先っちょがソヨソヨと足にあたるとこそばく、足元は水と土が混ざったドロでべちゃべちゃになりました。

3.熊井浜

険しい道を抜けると広がるビーチ!! 熊井浜 どうですか!この透明感!!海の美しさ!! 熊井浜 今年は9月に入ってもクラゲがおらず、おかげで何も気にせず海を楽しむことができました。

4.熊井浜を楽しむポイント

4-1.シャワーは自前で用意!

シャワーがないので身体を洗うための水は自前で用意します。 ねこはな調べでは1人につき2~3リットル必要です。 水で洗うまえに、砂は海で落とすと水の節約につながります!

4-2.サンダル必須

理由は簡単。ビーチに行くまでに足元が濡れるから(笑) 熊井浜には岩場があるので、岩場探検にも靴裏のしっかりしたサンダルのあった方がおすすめです。

4-3.飲食物は自前で用意

何もないので水分など飲食物は自分で持って行きましょう。もちろん、ごみも自分で持って帰りましょうね。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。往復は大変ですが、すっばらしい海を存分に楽しむことができます。

【熊井浜の素晴らしいところ】

・海がきれい

・人がいない。つまりプライベートビーチ!

【熊井浜の大変なところ】

・ビーチには何もない(お店もシャワーもおトイレも!)

・駐車場からビーチまでの往復の道のりが険しい(しかも近くはない)

こんな大変な思いするなら、多少は混んでても設備のあるビーチの方がいいって人も多いでしょうね。それではみなさん、ごきげんよう。