Nekohana Blog

くうねるくらす旅をする

大人も大興奮*家族連れでもデートでもおすすめな和歌山のくじら博物館

和歌山県太地町にある太地町立くじらの博物館。奈良の十津川村に宿泊した翌日、那智勝浦方面に抜けて紀伊半島を回っての帰阪ルートにマッチしたので寄ってみたところ、一日遊んでられるやん!と大興奮。 今回は、水族館とは一味も二味も違ったくじら博物館のおすすめポイントを紹介したいと思います。

おすすめポイント1.入り江のあるロケーション

博物館から屋外に出ると海の入り江があるロケーション!開放感が溢れます!! まず目にするのがシロナガスクジラの骨格標本

くじら博物館

現存する哺乳類で一番大きいといわれる生き物です。 そんな生き物の骨格標本が屋根もシートもない、だだっ広い所にドドーンと展示されているだけで「おぉ、ここにはすごいものがあるな!」と興奮状態に入ります(笑)

この入り江ではクジラショーや餌あげ体験、ふれあいイベントが開催されています。

餌上げ体験はバケツ1杯300円。大人げもなく選り好みしてピンクのハナゴンドウに2匹も餌をあげちゃいました。

くじら博物館

他のコたちは1匹しかあげてないのに!

ただただカワイイ!!(笑)

このロケーションのおかげで、敷地全体が広々と見え、夏休み中で家族連れも多い中、窮屈さや人混み感を感じませんでした。

おすすめポイント2.世にも珍しいクジラショー

他じゃ見れないのがクジラショー!!

ダイナミック!!のっそりと、どっしりと、跳んでいる瞬間がそのまま止まってしまいそうな迫力がありました。 入り江で行われるクジラショーは正面だけでなく横から見ている人たちも多かったです。

イルカショーももちろんあります!

イルカは軽快で器用なかんじがしましたね。スピードスターのような速さを魅せるシーンもあったりおどけたり、キラキラしてみえました。

おすすめポイント3.貴重なアルビノイルカの飼育

くじら博物館は博物館・水族館・入り江で構成されており、水族館では研究・調査のためにイルカ3種とアルビノのバンドウイルカが飼育されています。

【参考】太地町立くじらの博物館HP/アルビノのバンドウイルカ「スピカ」

http://www.kujirakan.jp/pdf/201503_spica.pdf

は色素が全くないため、紫外線に弱いそうです。だから、屋根のついた水槽で飼われているのか…!合点がいきました。 動きが速すぎて写真がとれなかったのでウツボで我慢してください(笑)

イルカだけでなく、太地町周辺で採捕された魚たちも飼育展示されていました。

アルビノのバンドウイルカの飼育は世界で2例目らしいよ。がんばって欲しいです。

おすすめポイント4.展示物の豪華さ

シロナガスクジラの骨格標本だけでも目ん玉飛び出るのに博物館の展示物も口が開いちゃうものばかり! 博物館の大ホールは、セミクジラやシャチなどの骨格標本を重なるように吊り、一番上にはセミクジラの実物大模型を据えるという内装。

くじら博物館

「人」もしっかり入っているのが素晴らしいです。

クジラの生態、進化の過程や胎児からの成長過程、臓器の液浸標本、寄生虫など、生物学的な資料がメインの2階。捕鯨道具や方法、捕獲後の活用方法などクジラに関わる人の暮らしの文化的資料がメインの3階。 「博物館」なだけあって、詳細な資料が所狭しと展示されていました。 興味が引かれるようなかわいい仕掛けもありましたよ。

クジラをモチーフにした海外の切手なんかもあり、スペインのが特にかわいかったです。

おわりに

予定にはなかったくじら博物館。子ども向けかなーと行ってみると大人のわたしが大興奮(笑) 見応えのある博物館でした。広々としているし休憩場所もあるし、イルカとの触れ合いもあってお子さん連れの御家族も過ごしやすい場所ではないかと思います。

【参考】太地町立くじらの博物館HP

太地町立くじらの博物館

 

紀伊半島のなかでも三重県寄りにあり、大阪からはなかなか行きづらい場所ではありますが、単体もしくは他のレジャーと組み合わせて行ってみてください。それではみなさん、ごきげんよう。